• Harumi Wagai

今日の、デイサービス「傾聴・音読」ボランティア

更新日:7月13日

「これは、なんのためにやるの?」99歳の女性先輩から、 音読レクリエーションについて質問が飛んできました。


有難い質問です。




現在、普段なかなか言えない気持ちの聴き役として、


また、視覚、聴覚などの不自由さが増し


声を出すことが減っている先輩方の「声を出す」機会を増やすために


「音読レクリエーション」として、


3名程度の方々と、いろんな文章を声に出して読んでいます。




活動しながら、 高齢者施設のレクリエーションは、


様々な機能の維持を目的としていると知りました。


そして、目的を示すのではなく、


「なんか面白いからやってしまう」という風になるのが


良いのですね。




私が行っている「音読レク」は、


まだ面白みに欠けている!とわかる質問でした。




待っててね!


「あ~面白かった!」と思ってもらえるように


内容をブラッシュアップしていきますね!





でも、今日の竹久夢二の「詩」の音読は


全員、とっても味がありました!





お聴きしている私が元気をもらいました。


一方通行でない。


これが、ボランティアが続くポイントだな~。




閲覧数:23回0件のコメント